日本ユング派分析家協会
日本ユング派分析家協会 HOME 日本ユング派分析家協会 リンク
学生の種別 候補生の訓練過程 ユング心理学基礎課程修了証書 講座案内 資格取得チャート
組織と役割/会員
講座案内 タイトル

| セミナー  <2021年 夏 ( 関西 ・ 関東 )>・<2020年 冬 ( 関西 ・ 関東 )> |
| 基礎コース <夏学期> ・ <冬学期> | 体験セミナー | グループ・スーパーヴィジョン | 
| 研 修 会 <2020年度 第8回研修会> |

2020年度冬学期
基礎コースについて
  2020年度冬学期は、基礎コースとして5つを開講しますが、以下3種類の受講形態がございます。
コースごとに形態が異なりますので、それぞれご確認ください。

1)「オンサイト(会場)型」(従来型)
 ・会場に直接ご来場・受講して頂きます。
 ・講師もオンサイト(会場)です。


2)「オンサイト & オンライン聴講型」
 ・会場にご来場頂くか、Zoomで視聴するかを選択して頂けます。
 ・オンライン聴講では、一方向的に講義を視聴することはできますが、音声での発言はできません。
  ご質問等は、Zoomのチャット機能を使用して頂くことになります。
 ・講師はオンサイト(会場)です。


3)「オンライン型」
 ・講師・受講者とも全員オンライン(Zoom)です。
 ・全員双方向で、音声でのご質問等が可能です。


「オンサイト(会場)型」・「オンサイト&オンライン聴講型」の場合も、新型コロナウィルスの感染状況等により、オンライン聴講を導入、あるいは全面オンラインに変更する場合がございます。

* オンサイトの場合、会場につきましては、後日ご案内させて頂きます。

 
日本ユング心理学研究所では、2014年度夏学期より、従来のセミナーやスーパーヴィジョン・グループに加え、ユング心理学の基礎を学んで頂くための「基礎コース」を新たに開設致しました。このコースは、登録会員の他、登録会員と同じ基礎条件を満たす一般の方々にも広くご参加頂けるようになっております。ユング心理学にはまだ馴染みのない方にも、勉強途上の方にも、学びの機会として頂ければ幸いです。

「基礎文献リスト」 →ダウンロード

詳細は以下のとおりとなっております。
1) 参加資格 A) AJAJの候補生・聴講生・登録会員
B) A)以外の非会員で以下のいずれかの条件を満たす方
  (1) 心理臨床の実践に(職業として)携わっている
(2) 医師として精神科・診療内科等で臨床実践を行っている
(3) 大学院で臨床心理学を専攻している(修士課程/博士課程に在籍)
2)参加費
A) 候補生・聴講生・登録会員 ¥13,200(10%消費税込み)
B) 非会員 ¥16,500(10%消費税込み)
3)申込方法 A) 会員の方は、「学期登録用紙」に
B) 非会員の方は、「基礎コース申込書」に
ご希望のコース番号、およびその他必要事項をご記入のうえ、AJAJ事務局宛にメール、FAXまたは郵便にてお申し込みください。
※非会員の方でメールでお申込みの方は、記入済みの「基礎コース申込書」をPDFでお送りください。
4)お申込先 一般社団法人 日本ユング派分析家協会(AJAJ)事務局
〒604-8126 京都市中京区高倉通蛸薬師下る貝屋町558 澤田ビル2F 201号
Fax:075-253-6560 e-mail: infoajaj@circus.ocn.ne.jp
5)申込締切 2020年8月27日(木)
6)参加可否 9月下旬に、お申込頂いた各コースの参加可否およびご請求金額をお知らせ致します。
*登録会員の方には、セミナー、GSV等と併せてお知らせ・ご請求致します。
7)お支払い 参加可否およびご請求金額のお知らせ後、指定の口座にお振り込みください。
基礎コースは、「ユング心理学基礎課程修了証書」取得のためのセミナー・ポイント (領域1-分析心理学の基礎)としてカウントされます。
日本臨床心理士資格認定協会の研修機会として申請されます。
事務局からのお知らせにつきましては、できるだけメールまたはFAXを利用させて頂いております。
お申込の際には必ずご記入頂きますようご協力よろしくお願い致します。

  2020年度冬学期は、基礎コースとして以下の5つを開講致します。
B-51 「昔話を素材に学ぶ心の世界 その7:異性のきょうだいのモチーフより」 吉川 眞理
日時: 2020年10月25日(日) 10:00〜17:00(全6時間)
場所: 東京
会場: 連合会館(5階)501会議室
形態: オンサイト&オンライン聴講型

グリム昔話では、「兄と妹」「ヘンゼルとグレーテル」「六羽の白鳥」「七羽のカラス」「青髭」などいくつかの物語で異性のきょうだいモチーフが登場します。これらの物語を素材として、アニマ、アニムスの元型について理解を深めます。また、日本の昔話との比較により、『昔話と日本人の心』において河合隼雄が論じた「女性の意識」についても考察します。
◎テーマにかかわるケースを募集します。

*基礎文献: 河合隼雄「昔話の深層」(講談社プラスアルファ文庫)
       河合隼雄「昔話と日本人の心」(岩波現代文庫)

B-52 「夢イメージのコンテキストに向き合う」 田熊 友紀子
日程: 2020年11月1日(日)、 11月29日(日)、 2021年1月31日(日)の3回 
時間: いずれも10:00〜12:00(全6時間)
場所: 東京
形態: オンサイト(会場)型 *会場は参加される皆様に別途お知らせ致します

心理療法の中で語られる「夢」を面接の中でどのように取り上げ、理解し、クライエントと共有するのか。ユングの夢分析についてのテキストを丁寧に読み解きながら、ユング派心理療法における夢の扱い方・とらえ方を理解していきます。また実際のクライエントが報告した夢のディスカッションを通して、夢が開示するものに触れていきたいと思います。

*基礎文献: "The Practical Use of Dream Analysis" in CW 16
      (「夢分析の臨床使用の可能性」(横山博監訳 大塚紳一郎訳『ユング夢分析論』みすず書房2016))

B-53 「ユングの森 探求カフェ <その1> 〜『ユング心理学入門』(河合隼雄著)を読む〜」 桝藏 美智子
日程: 2020年10月25日(日)、 11月22日(日)、 12月27日(日) の3回
時間: いずれも10:00〜12:00 (全6時間)
場所: (Zoom)
形態: オンライン型

パリではじまったという哲学カフェに倣って、ユングの森・探求カフェを開催します。ユング心理学について、ざっくばらんに話し合いながら、臨床場面でおこる事象について、思考を深めて参りましょう。初回は、ユング心理学入門をテキストとします。スイスで学び始めた時、この本に書いてあることには、スイスで学ぶことが誠実に織り込まれており、なおかつ、日本の事情にあった形で説明されていると、感激しました。みなさんとこの本の内容について話し合えますことを楽しみにしています。

*基礎文献:河合隼雄「ユング心理学入門」(岩波現代文庫)

B-54 「ユングの森 探求カフェ <その2> 〜『ユング自伝(思い出・夢・思想)』を読む〜」 桝藏 美智子
日程: 2021年1月24日(日)、 2月28日(日) の2回
時間: いずれも13:00〜16:00 (全6時間)
場所: (Zoom)
形態: オンライン型

ユング自伝は、編者や出版社の意図が織り込まれているにせよ、その夢の内容は、ユング心理学を知り、入っていくには、貴重な素材と思われます。ユング自身の夢に入り、その世界を味わいながら、心に思い浮かぶことや考えを、話し合って参りましょう。

*基礎文献:C.G.ユング「ユング自伝」(みすず書房)

B-55 「ユングはいかにして自らの『足場』を固めたのか?―『タイプ論』を読む」 松本 憲郎
日程: 2020年10月10日(土)、 11月14日(土)、 12月12日(土) の3回
時間: いずれも18:00〜20:00 (全6時間)
場所: (Zoom)
形態: オンライン型

ユングは、フロイトとの決別ののち、『無意識との対決』と呼ばれる内的な危機と、第一次世界大戦およびスペイン風邪のパンデミックという外的な危機の中、『タイプ論』の著述に集中しました。それは、危機の中にあって、自らの『足場』を固める試みでした。今回は『タイプ論』(みすず書房)を読むことを通して、ユングがいかにフロイトともアドラーとも違う自分独自の『心理学』を確立したのか、その探求の跡を見ていきたいと思います。

*基礎文献:C.G.ユング「タイプ論」(みすず書房)

* 定員は原則40名で、受付はお申込順とさせて頂きます。
* 各会場につきましては、後日、ご案内致します。
ページTOPへ